ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ[ARM版]を購入した

学部の頃にコンピュータアーキテクチャに関する講義を受けたものの、雰囲気でしか理解できていない気がしてきたので改めて本を買いました。

この本は、David Money Harris, Sarah L. Harris(ハーベイ・マッド大学工学教授、ネバダ大学電気コンピュータ工学准教授)の”Digital Design and Computer Architecture: ARM Edition”を日本語に訳したもので、ディジタル回路の原理からARMのアーキテクチャに関してまでが幅広く取り上げられています。個人的に、何よりも嬉しいのが、組み合わせ回路や順序回路、マイクロアーキテクチャに関する解説にHDLの記述があるところです。つまり、実際にARMアーキテクチャのCPUを作りながら、その原理を学べるということです。既にアーキテクチャの本としてパタヘネ(の上巻だけ)を持っているのですが、HDLが載っているという点はパタヘネにはない魅力なのではないでしょうか。

演習でCPUを作成するような大学もあるそうですが、私のところはそこまでしなかったので、自作CPU(もちろん実用的なものではない)には前から興味がありました。

この本の解説には、HDLの中でもSystemVerilogとVHDLが用いられています。私は今までVerilog HDLしか書いたことがなかったので、他の言語を学ぶちょうど良い機会にもなりそうです。とりあえずVHDLで演習を進めていこうと思うのですが、SystemVerilogについても知っておくべきなのでしょうか。(HDLの流行りが分からない..)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です